何でも写真集〔保存版〕

 
フォーム
 
  北方文化博物館
2018-12-15
 豪商たちが集めた器よくみたらすごく大きなものです。大広間も百畳くらいある部屋でした。ここで宴会をしたり会合をしたのではないでしょうか。陶器の大きさですけど一つの器に30人分位の物が入ったのでは?右は古い蓄音機です。下にあるのはたぶんラジオとレコードをかけることが出来たものと思います。当時は相当な高級品だったと思います。私が小学生の3年生頃に組み立て式の鉱石ラジオが出てきたころかも知れません。家の中に針金をはり鉱石ラジオと繋ぎアンテナにしたのを思い出します。
 
  北方文化博物館
2018-12-08
 当時の大富豪=大地主が新潟の伊藤家七代の歴史と新潟の地方文化を伝えています。建物も欅などを惜しげもなく使っている素晴らしい建築物です。新潟の古老の口伝に「稲作四段階」と言う言葉があり下農、中農、上農、上々農とあり上々農は人をつくったといわれている。やはり上々農になる人は自分の事だけでなく後に暮らす人たちにも地域の文化伝統を残し知ってもらおうとしたり受け継ぐ子供にも確り教育をしていたのですね。
 
   酒蔵
2018-12-01
 さすがに米の産地新潟です。大小の違いはありますが沢山の酒蔵があり驚きます。さすが米の産地ですね左の写真ですが中央に丸い玉が有ります。これは杉の枝を円く作り飾られます。最初は緑色ですね。造り酒蔵では必ず飾ってありやがて写真のように茶色になった時にお酒が出来上がった時と聞いています。
 
   新潟街並
2018-11-24
  新潟市内の古くからある街並みです。左手の塀に「地獄極楽小路」と書いています。右手には昔は刑務所があったそうです。左手は歓楽街がありこの小路を境についた名前のようです。右の写真は私たちの宿泊したホテルイタリア軒の裏口の向かいの割烹料理店です。イタリア軒は新潟で最初に出来た本格的な西洋料理店だそうです。この割烹料理店もイタリア軒が日本料理和食も大事にしていたそうです。
 
  新潟の教会
2018-11-17
 新潟カトリック教会です。日本で最も古いといわれているパイプオルガンからの美しい音色で有名です。今もバリバリの現役で活躍しているそうです。また教会内のステンドグラスが素敵です。
有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
────────────

────────────
<<有限会社丹葉新聞店>> 〒084-0917 北海道釧路市大楽毛4-4-1 TEL:0154-57-8228 FAX:0154-57-5187