何でも写真集〔保存版〕

 
フォーム
 
   リンゴ村から旬の味を♪♪
2017-10-14
 今年も新しいりんごの時期になりました。昨年、道内では8月に3度にわたる台風ですべての農作物にかなりの被害がでました。ここ壮瞥町のりんご農園のたかしなさんも被害を受けたようです。それでも後から収穫するふじはいくらか助かったようです。生産地で食べる果物は美味しさが全然違います。やはり新鮮さがはっきりとわかります。昨年は本州方面も被害がでたようで「わけありリンゴ」と名打ち郵便局でも取り扱っていました。味は変わりませんが形がいびつだったような気がしました。道内のリンゴも外国に輸出されてたそうです。たかしな果実農園さんのりんごも道の駅や朝市そしてイベントなどに出荷しているそうです。
 
 
  下幌呂の夢の杜団地
2017-10-07
 

 写真を見るとなにか外国の風景かなと思わせる雰囲気です。最初の写真を見たときに木の沢山ある自然の中で暮らす生活もいいな~と思いました。森というか林のすぐ近くに広場が有りそこで住民がバトミントンをしていてとても健康的で空気も美味しそうです。家のそばのウッドデッキで女性がバーベキューをする用意をしています。こんな光景を見ているとロマンティックな感じですね。羨ましい限りです。
こんな環境のいいところで育つ子供たちはきっとのびのび育つことでしょう。知り合いの若い住人が先日,家の前に鹿がきたといっていました。釧路市から少し離れているだけですが目にする動植物も違いがあります。丹頂が自宅の上を飛んでいきます、大きな黄緑色をした蛾のオオミズアオ、小鳥やリスなどもときどき現れるようです。

 

 
   懐かしい競馬ゲーム
2017-09-30
 先日自分が小学生の頃に流行っていて友達と毎日夢中になって遊んでいた競馬ゲームが出てきたと札幌の知人からメールに写真を添付して送ってくれました。話を聞くと今と違いおもちゃもなかなか買ってもらえない時代でした。彼も50才半ばに近づき昔一緒に遊んだ友達を思い出し懐かしさを感じる事が多くなったそうです。今は亡きお父さんが買ってくれたゲームです。写真を見ても大事に使っていた事がわかります。箱がとても綺麗ですね。そうなんです子供が大事にしていたのを知っていたお母さんが何十年もしまっておいてくれたのです。忘れかけていた母の優しさを思い返しちょっぴり涙ぐむ彼でした。急に生々しい話になりますがみんなの愛情のこもったこのゲーム機は「なんでも鑑定団」にお宝として出したらいくらの値がつくでしょう?
 
    山ぶどう
2017-09-23
 9月16日久しぶりに阿寒湖に行ってきました。海だけでなく阿寒湖でもワカサギが不漁だったそうです。湖畔のお店の壁にブドウの蔓が張り付けた感じで有り良く見たらブドウのふさが沢山なっていました。大きな房が沢山ついていてびっくりしました。私たちも若い頃はブドウを取りに山に行ってもなかなかこんなにたくさんついているのは見たことが有りません。初めて見ました。昔は良く山にブドウとりに行きましたが熊がでたという話を聞くとやはり怖いので行かなくなりました。
 
   昔の電話機は美しい
2017-09-16
 今はなかなか見られなくなった昔からある黒い電話です。左の電話機はお母さんと同居するとき大事に使ていたものです。今も現役で活躍しているそうです。中の電話機は大楽毛のラーメン屋さんで昔から大事に使われていています。右端は新しい電話機に交換するときにもらったもので昔の電電公社のロゴがついています。この電話機は昭和40年中頃からダイヤル式の電話が一般家庭で普及されはじめほとんどの家庭でつけたのは40年後期です。昭和25年頃は電話を引いている家は数える程でハンドルをぐるぐる回し交換手(当時は郵便局)さんに「どこどこの5番とか」申し込み相手の家につないでくれて話が出来ました。この機種の前の電話機は大きく受話するのと送話るのは別で壁に備え付いていました。また市内でなく離れた場所では申し込んだあと一度受話器を切り局から電話が来てお繋ぎします。で相手と話が出来ました。場所によっては何時間も待たされました。また電話のないところには電報を打っていました。電報がきたら一瞬緊張しました。「チチタオレタスグカエレ」とか切羽詰まったものが多かったようです。この時代は電話の交換業務や電報は郵便局の仕事でした。田舎の局では家族中で24時間束縛されているような仕事で電報がきたら、よる夜中でも届けなければならなかったそうです。
有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
────────────

────────────
<<有限会社丹葉新聞店>> 〒084-0917 北海道釧路市大楽毛4-4-1 TEL:0154-57-8228 FAX:0154-57-5187