本文へ移動

地域ネタ

北海道新聞
日本経済新聞
毎日新聞
0
8
7
0
8
2

今昔写真集 大楽毛

RSS(別ウィンドウで開きます) 

店舗

2015-03-20
 3代目、現在の店舗です。機能性を重視し現社長が考えた設計です。今までの事務室は2階でしたのでお客様にも大変ご迷惑をおかけしました。これまでの不便さを考えて広い敷地に場所を移し事務室を1階におく事が出来、作業場も隣りで仕事がスムーズにできるようにしたり印刷室を新たに設けまた作業場も台などを工夫し従業員の負担が少なくなるようにキャスターをつけ可動できるようになり、かなり楽になりました。事務室も作業場も十分スペースをとったのですが新たに機械が増えて狭くなってきました。先日、地元の大楽毛小学校2年生の皆さんが見学にきました。折り込み作業、チラシを揃える機械、雨や雪の時に濡さないで届けるためのパックする機械を見て頂き最後に一人一人パックの体験してもらったところ大変喜んでくれました。見学にきて下さった小学生の皆さんに感謝です。

店舗

2015-03-10
 2代目の店舗です。この店舗もやはり敷地が狭く2階が事務所で下が作業をする場所でした。新しい店舗を造る時は形を見ただけで何屋さんかわかる看板にしたいという夢がありました。でも看板ですから文句も必要です。さて、色々と考えましたが新鮮な言葉が出てきません。新しい感覚でなければだめだとの結論になり思い切って配達少年の若い力を借りる事にしました。何人かに趣旨を説明し文句と絵を考えてもらったところ、さすが彼らは柔軟な頭脳でした。集まったものはほとんど宇宙をテーマにしたものでした。それを参考にして作った看板です。右側の写真は絵の差し替えが出来るようにしたもので緊急時のお知らせもできるようにしました。また、この店舗の一番の思い出は猛吹雪で朝刊の配達に出られなかった事です。車も店の前から全然動けず配達を始めたのが9時ころで夕刊がくる少し前に朝刊配達終了ということが有りました。

店舗

2015-03-01
 初代店舗前です。当時は雪も多く除雪体制も整ってなかったので
新聞配達にも大変苦労しました。この時の配達員は少年が主体で
でした。何せ彼らは元気が良すぎて綺麗なガラスのドアーに飛び
込んで行ったり自転車に乗っても曲芸師みたいな感じで交通事故
には絶えず心配をしてました。大雪の時でもあまり苦にせず変に
張り切って配達に出て行くし頼もしい反面逆に心配しました。通
常なら配達が終わってる時刻なのに戻ってこないので心配で探し
にいったことも度々有りました。写真は降雪中に夕刊配達に向か
う配達少年と店舗前の除雪をしているところです。この頃の大楽
毛は発展途上中でお店も沢山あり、スーパー、靴やさん、電気屋
さん、焼肉店、お寿司屋さん、自転車店、食堂、薬局さん一般商
店など賑やかに営業をしていました。

店舗

2015-02-19
当店の歴史の中で店舗は3度建て替えました。写真は昭和
42年初代の店舗の前の仮店舗です。なぜ仮店舗かというと
自宅が新築された時に私の仕事場は忘れられていたのです。
仕方なく兄が経営してた写真店暗室の建屋が空いたので自分
で改築し玄関や小窓をつけたり何とか仕事が出来る環境にし
ましたが室内は暗くて日中でも電気を灯さないと仕事が出来
ません。また夏でもストーブこそつけませんが寒かったです。
 
 

解体された旅館

2015-02-08

昭和38年馬市の時だけのための丹葉旅館も廃業しましたが実は良く考えてみたら

いろいろな歴史がありました。戦時中は軍に徴用され熊部隊の将校宿舎となってい

ました。私は4歳位だったと思いますが薄らと記憶があります。また、戦後は釧路

空港の整地をする人たちや本州製紙の建設前の測量する人の宿舎としても利用され

大楽毛の発展の為の前線基地でもあり貢献していた旅館だったのです。

さて昭和42年に区画整理など緒事情で家を解体、新築するため新聞の仕事は車庫

ですることになりました。家族は近くの家に引越し私だけは車庫の中に寝る場所も

作り寝泊りしていましたが流石に雨漏りは絶えず心配でした。友達に手伝ってもら

い手作り店舗です。いま考えるとよく素人2人で造り上げたものです。

 昭和42年の物価ですが蕎麦の、もり、かけは60円入浴料32円の時代でした。

今昔写真集 武佐

RSS(別ウィンドウで開きます) 

    武佐店が新しい店舗に

2017-10-07
 5年前10月1日より突然武佐地区の販売店を営業することになり土地や家を探しましたがなかなか見つからず現在お借りしている場所て営業を始めました。土地感もなく販売エリアも良くわかない中で手探り状態でスタートでした。開店初日は予想もできない大雨で通常より1時間位遅れて配達をはじめました。当時、前販売所から引き続き配達をしてくれた配達員さんに助けられました。今でも10月1日になると武佐のお店での大雨の事が忘れられません。

  武佐店マルシェ

2015-09-20
 長期予報で晴れの予報が台風17号の影響を受けて武佐店のマルシェは雨の中での開催となりました。今年も「いこい」さんのご厚意で施設の前の駐車場で合同の開催ができました。当店のマルシェ担当のスタッフが何度も本別の農場まで足を運び揃えた野菜ですがこの雨で相当残りそうだと心配していましたが武佐のお客様が沢山訪れて下さりほぼ完売出来ました。ただ一つ残念だったのは子供さんが楽しめるよう遊び道具を当店のスタッフが仕事の合間につくって用意していましたが雨のためなのか子供さんの来場が少なく残念でした。来年は良い天気になるといいですね。

おたっピー芸術祭

2015-04-17
毎年、大楽毛地区で開催してきましたが、今年から武佐地区でも開催ができました。
昨年の11月頃から打ち合わせを始めて、参加年齢も幅広いこともありましたので、
学年に合った作品テーマを決めるのがとても苦労しました。また、武佐地区での開催
は初めてでしたので、保育園、小学校に参加して頂けるか不安でしたが、参加して頂
くことができましたので「ホッ」としました。また、作品を展示する場所の確保をす
るのに悩みましたが、小学生の作品、湖畔小学校、一般参加作品、園児作品、デイサー
ビス「いこい」さんの協力で展示することができました。今年は両店合わせて479作
品が集まりました。
 

おたっピーママの会

2015-04-18
 平成26年7月8日武佐店にて初めての「ママの会」を開催しました。5組の方から申し込みがあり、カフェをイメージしたママのいこいの場所を作りました。お子さんも目の届く範囲で保育士さん二人と当店の子育て経験ありの女性スタッフも参加しました。
 安心してくつろいでおしゃべりしていただけるようにとお子さんたちに危険なものが無いか注意をはらいました。お子さんたちとママさんたちの笑顔を見てとてもうれしい気持ちになりました。
 第2回目は、ディサービスいこいさんをお借りして11月8日に開催しました。
保育士さんの持参してくださったたくさんのおもちゃや体を使って汗だくになってお子さんたちは、遊んでいました。ママたちも、情報交換をしながらおしゃべりされていました。とても、日差しの暖かい良い場所でみなさん喜んで下さりスタッフもほっこりした一日でした。
 
今年も5月に大楽毛店で、6月に武佐店で開催予定です。
その後も2回予定しております。
 
 
 

2014秋のマルシェとこども祭り&いこい祭り

2015-04-14
 平成26年武佐店で開催したマルシェの写真です。開店前から沢山の方が来て下さいました。
チラシを見て来店された方々が、生で食べられるごぼうに列を作って下さり、すぐに完売しました!
「一度購入して家で食べたら美味しいからまた並びにきたの。」とおっしゃっていた方もいらしたほど人気でした。
 お天気も良くて、野菜を購入した後は、ディサービスいこいさん出店の屋台でお買い物をされていました。こちらも美味しそうな香りが売り場にまで届いていました。
 そして、北海道新聞のキャラクターぶんちゃんも来てくれてお子さんたちとの撮影会も開催して好評のうちに終了しました。
 

大楽毛

大楽毛物語

NO.1

(2014-02-18 ・ 390KB)

大楽毛物語

NO.2

(2014-02-18 ・ 392KB)

大楽毛物語

NO.3

(2014-02-18 ・ 397KB)

大楽毛物語

NO.4

(2014-02-18 ・ 399KB)

大楽毛物語

NO.5

(2014-02-18 ・ 417KB)

大楽毛物語

NO.7

(2014-06-06 ・ 432KB)

大楽毛物語

NO.9

(2014-08-04 ・ 431KB)

大楽毛物語

NO.8

(2014-07-04 ・ 435KB)

大楽毛物語

NO.6

(2014-05-02 ・ 434KB)

大楽毛物語

NO.10

(2014-09-03 ・ 459KB)

武佐

有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
TOPへ戻る