本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

何でも写真集〔保存版〕

RSS(別ウィンドウで開きます) 

鶴ケ岱公園

2022-11-01
 私の高校時代は釧路市には屋内リンクはなく高校のスピード部の選手たちは個人的に氷のはってる場所を探しスケートにのり練習していました。岸の淵はまだ凍ってないのに薄氷の上を滑走し最後に池に落ちていました。写真のひょうたん池は凍るのが早い方で友人は毎日のように落ちてました。後に彼は明治大学で全日本大学選手権で1万メートルで準優勝したのを覚えています。
         ひょうたん池と紅葉
          鶴ケ岱公園の紅葉

20年も経つと

2022-10-24
当店の前のベンチ
 当店が現在地に移ってきてから置いたベンチです。約20年近くなります。まだ頑丈そうですが雨風にさらされてきて良く頑張ってきたものです。横の板が腐りかけてきました。悪い部分を取り替えてまた頑張ってもらいます。修理が済むまでご不便をおかけしますけど。また生まれ変わるベンチを大事に使って下さい。

登別温泉の写真を見て

2022-10-19
70年も前に修学旅行で
 先日子供が登別に行ったとき撮影した写真をもらいました。
中学3年生の修学旅行で訪れた登別で宿泊先も第一滝本館と第二瀧本館がありました。見たこともない大きな旅館で自分たちの部屋に戻れるか心配しいし宿泊したのが思い出されます。当然まくら投げで夜中まで騒いで先生に怒られた事を思い出す登別です。もう一つは地獄の湯で煮っくりかえったお湯がぼこぼこしていて落ちたら絶対死ぬと思い怖い印象でした。それにしても鬼さんがいたのにビックリです。

       昔は地獄谷と言ってましたが
      地獄だから鬼がいるのかな

四季像と夕陽

2022-10-11
四季像と夕陽です。右はムーの建物です。昔は出漁前に港で各漁船からさまざまな演歌が聞こえ賑わいがありました。また台風など海が荒れたときは漁船が港に集まり身動きが取れないほどぎゅうぎゅう詰めでした。

  釧路が誇る四季の乙女像です。奥に夕陽が見えます
昔、出漁前は漁船が身動き出来ない位停泊してました。

夕闇の幣舞橋周辺

2022-10-05
角度を変えると
幣舞橋から見る風景角度を変えると
      ロータリから
       港です
    ムーのまえに漁船が
有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
6
8
4
5
8
TOPへ戻る