本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

何でも写真集〔保存版〕

RSS(別ウィンドウで開きます) 

陵墓公園

2020-05-23
陵墓公園のさくらです。
 今回もさくらですが陵墓公園の中に入ってみました。入り口から桜の木が沢山あってビックリしました。釧路といえどもそろそろ満開も終わりに近づき花びらが散りはじめていました。

さくら

2020-05-15
今年は日本一遅い開花
 日本で最後に開花したさくらですがとっても綺麗です。今年はコロナで始まり生活様式も変わり大変な年になりました。どうかこれからの後半は普通に戻って欲しいですね。
   
      鶴居のさくら
    今年も咲きました
5月12日撮影ですが今年は日本で一番遅かったようです。

コロナ警戒

2020-05-09
どこに行っても
 最近は金融機関、スーパー、コンビニ、病院でも会話するにも前にビニールが下がっています。先日かかりつけの病院に行きましたが。来院していた患者さん全員マスクをしていました。今までも半分くらいの人がマスクをつけていました。今回のコロナはとんでもなく怖いですね。皆さん気をつけましょう。
   ここまで用心するとお互いに安心ですね。

端午の節句

2020-05-01
最初は外に飾られていた武者人形
 端午の節句の歴史は今から2300年前中国の戦国時代といわれています。日本に伝わったのは奈良時代から続く古い行事のようです。端午というのは端は月の始め牛は牛(うま)の日という意味で5月に限ったものではありませんでした。午(ご)と5の音が同じなので5月5日になったようです。鯉の吹き流しを立て武者人形を木で作り外に飾り始めたのは徳川時代と云われています。それが家の中に飾られるようになり男子の前途を祝うようになったそうです。
   何と質素な飾りでしょう
一般家庭で外に鯉のぼりが飾っているのが少なくなりましたね。
一般家庭で飾っているのがなかなか見つかりません。

大楽毛橋の補強工事も終了

2020-04-24
橋の補強工事完了
 よく分からないうちに補強工事も終了したようです。それにしても何が変わったかわかりません。
   川の中まであった仮道路も撤去されました。
   気のせいか川の流れものびのびとしていました。
有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
3
6
4
6
8
TOPへ戻る