本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

地域ネタ

今昔写真集 大楽毛

RSS(別ウィンドウで開きます) 

羨望の的、本州アパート

2015-08-15
   当時、釧路市内では超近代的なアパートでした。24戸と32戸合わせて16棟有り500家族以上が入居していました。暖房は蒸気を利用したスチーム暖房、家の中は常時暖かく若い女性の羨望の的でした。一般家庭はまだ灯油ではなく石炭やマキあるいはおがくずで暖をとっていました。石炭はルンペンストーブと云って2つで1組となっており1つを使ってる間にもう1個に石炭をつめて置き、すぐ使えるよう用意をしておきました。また、本州製紙の子供が地元の友達の家に遊びに行った時に自分の防寒衣をストーブの上に乗せて衣類が焼け焦げた事があったそうです。いつもスチームの上におくので同じだと思ったようですね。ストーブのない家で育ってきたのだからしょうがない話ですが。

  大楽毛でとれたサクランボ

2015-08-08
 写真左は我が家で咲いた「さくらんぼ」の白い花です。苗木を買ってきて植えたらどんどん大きくなりそのうち(真ん中の写真)青い実をつけました。しかし強い雨や風でほとんど落ちてしまいがっくりです。この年に限らず釧路は風が強く快晴でもけっこう風が吹いています。ある日、木を見上たら奇跡的に実が何個か残って赤くなりはじめていました。最終的に右写真のように2こだけ残り収穫できました。最初から実がなるとは思ってなかったので本当に嬉しくて仏前に備えました。味はどうでもいい、綺麗な実が出来た事に大満足。悪くならないうちにと恐る恐る口に入れたらすごく甘くて美味しくてびっくりしました。木の手入れは全然しなかったので枝も伸び放題で遅まきながら枝を切ってからしばらく実が出なくなり残念です。本州方面を旅行していると柿が手の届くとこになっているのを見ると自分のものではないけど心が豊かになるものですね。
 

  ハマナスの赤と白い花

2015-08-05
 友人が散歩中に撮影した写真をもらいました。いつも何気なく見ていた花ですが改めて写真を見たら本当に綺麗な赤、白のハマナス(白色は珍しい)です。私たち子供の頃にハマナスの実を良く食べました。またこの写真を提供してくれた人のお父さんがハマナスの花を買ってくれていました。子供が現金収入を得るためにハマナスの花を袋にぎゅうぎゅう詰めて遠い浜から運んできて重さをハカリにかけてお金をもらいました。当時は親が小遣いをくれる余裕もなく子供心でも分かっていて自分の事は自分でやらなければという気持ちは持っていました。お金の大切さを身もって体験した時代でも有りました。さて、このハマナスの花びらは香水の原料として使われるそうです。ハマナスの花を見るたび小学生の頃が思い出されます。
 
 

  こばと幼稚園の跡地

2015-08-01
 大楽毛で最初に出来た本州製紙のこばと幼稚園の跡地です。社員の子供たちのために昭和34年4月に開園し地元大楽毛の子供達も通っていました。この頃は保育園もなく入園するのには朝早くから並び申し込みをしました。本州製紙も操業の頃はアパートも4棟位でしたが最盛期は16棟、他に独身寮も2棟ありましたがいち早く社員の持ち家制度を推奨して釧路市内、管内に居住するようになりました。その後企業の合理化や配置転換などにより人員も減少して残念なことに幼稚園も閉鎖されました。今でもこの地を訪れると当時の園児たちの元気な声が聞こえてくるような気がします。こばと幼稚園の卒園生も今は40~50代になっているのでしょうね。

30年前の盆踊り

2015-07-25
 30年位前の盆踊の写真です。子供の部の仮想大会のようですね。写真を拡大して見ると沢山の子供が仮想して踊っている様子がわかります。仮装大会の何日も前からなんの仮装をしようかと考えて用意をしている子供や当日になってからあわててどんな仮想をしようと悩む子もいたようです。また旅姿や人形をおぶったりダンボールを組み合わせてロボットなどを作ったりして入賞をめざしていました。またもう一つの楽しみは売店ですね。ジュース、いもだんご、焼きそば、など人気がありました。
 
 

今昔写真集 武佐

RSS(別ウィンドウで開きます) 

  武佐店で本格的に

2017-12-31
 左端の写真は武佐店の作業場で、中の写真が二階の事務所です。右端は折込チラシを丁合する機械で業界では折込機と呼んでいます。移転も年末に近かったので忙しくしていました。今年は年末が穏やかな天気で助かります。まもなく迎える新しい年が皆さま方にとって良い年になるようお祈りしています。

   武佐店営業を開始しました

2017-12-19
 ようやく12月10日武佐店に引越ししました。写真は日中と夜景です。11日から営業をはじめましたのでどうか宜しくお願い致します。まだ店内の配置もきまらず苦戦していますが皆様方にご不便やご迷惑をかけないようにスタッフ一同頑張ています。

   武佐の喫茶店 ノスタルジィ

2017-12-14
 武佐に新しく開店したと聞いていた「珈琲館ぐるめ堂ノスタルジィ」に行ってきました。写真は左からメニュー表、隣がレトロなスピーカで下の箱も別のスピカーボックスです。最後は私の頼んだスパゲティです。店内はとても落ち着いた雰囲気でレトロ感の漂うおしゃれなお店ででした。お若い経営者の方のようですが笑顔を絶やさずとても感じのよい人でした。また他に店内に小物というか雑貨?なのか売っていました。

   武佐店が完成しました

2017-12-02
 ようやく武佐店の新築も完成しました。外は看板を上げるだけです。事務室に机やパソコン、コピー機、電話の設置がこれからの作業になります。写真ですが左がバス停のそばだと解るようにしました。なかの写真は二階の事務室です。右の写真はお客様がいらしたら二階から降りて来たときのカウンターです。カウンターの前に見える土間は新聞やチラシの仕事をする作業場です。予定通り12月11日よりこの新店舗で営業いたしますのでどうか宜しくお願いします。

完成が近ずいてきました。

2017-11-25
 いよいよ舗装工事にかかりました。中は従業員の休憩室、コミニュテイル-ムなども内装工事にかかるところまできました。どうやら大工さんの仕事はおおむね終わりました。後は壁紙や流しやコンロ、照明器具の設置などいろいろと有ります。一番最後が電話とパソコンの設置になります。

大楽毛

大楽毛物語

NO.1

(2014-02-18 ・ 390KB)

大楽毛物語

NO.2

(2014-02-18 ・ 392KB)

大楽毛物語

NO.3

(2014-02-18 ・ 397KB)

大楽毛物語

NO.4

(2014-02-18 ・ 399KB)

大楽毛物語

NO.5

(2014-02-18 ・ 417KB)

大楽毛物語

NO.7

(2014-06-06 ・ 432KB)

大楽毛物語

NO.9

(2014-08-04 ・ 431KB)

大楽毛物語

NO.8

(2014-07-04 ・ 435KB)

大楽毛物語

NO.6

(2014-05-02 ・ 434KB)

大楽毛物語

NO.10

(2014-09-03 ・ 459KB)

武佐

有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
2
7
8
6
8
TOPへ戻る