本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

地域ネタ

今昔写真集 大楽毛

RSS(別ウィンドウで開きます) 

冬の行事

2014-12-20
 大楽毛町内有志主催のウサギ狩りに出発する時の写真です。
冬の行事に大楽毛町内の有志の主催で原野に行きウサギ狩や豚追
い等も行われました。豚追いは養豚所さんの協力で「ぶた」君を
車で運んできて大楽毛原野で離して皆で追いかけて捕まえるとい
う珍しい事もやりました。追いかける人たちも熱が入りすぎ足を
捻挫したり転んで腰を痛めた方もいたようです。追いかけられて
いる「豚君」はもうやめて~といったとか?さて室内での遊びは
百人一首(釧路では板カルタ)の、かるた大会が盛んに行われ小
学生から大人まで熱気のある大会でした。
 

河原

2014-12-10
写真は大楽毛橋の下の河原です、当時の釧路市では娯楽施設も
まだまだ整ってなく春はトラックの荷台に沢山の人が乗り国道
がまだ舗装がされてなく砂利道をもうもうと土煙をあげ桜田、
山花まで花見に行ってたようです。桜の花が無くなると今度は
大楽毛橋の河原で炊事をしたりミニ運動会とか行ったりしてい
ました。当時、会社や商店で働いてる人達の慰労会だったよう
です。

行事

2014-12-05
大楽毛も秋になると釧路特有の好天気そして冷たい風のなか大楽
毛の河原でシシャモ祭りが開催されていました。祭りには春採の
方からアイヌ民族の皆さんと大楽毛のシシャモ祭り実行委員会の
皆さんによって駅前から河原まで厳かに行進し祭りを執行されて
いました。残念ながらいつのまにか祭事もなくなり寂しい気持ち
です。

夕日の大楽毛海岸

2014-11-27
昭和64年1月7日裕仁天皇陛下(87歳)が崩御されました。
在位62年余り、昭和も終焉し元号も新しく平成と変りました。
元号が平成になっても何も変わらない大楽毛の冬の海岸です。
釧路の夕日は世界3大夕日と言われていた釧路の名景もいつの
まにか誰も夕日の事を話題にもしなくなっていました。
最近になってまた少しずつマスコミでも取り上げられるように
なって参りましたが…。写真は平成元年の大楽毛海岸の夕日が
だんだん沈んで行き,やがて水平線で点となり消えてゆくところ
です。

2014-11-23
50年位前、まだ西港を着工する前の新富士海岸は駅のすぐそば
まで波が来ていました。汽車の窓から見ると線路まで波が来るの
ではと思ったものです。海岸にはトーチカも見えました…。
当時としても珍しい着岸した流氷の写真です。この時代は遊ぶ場
所も少なく市民は新富士海岸や大楽毛海岸まで足を延ばし魚釣り
や砂遊び、焚き火でイモを焼いたりして楽しんだものです。

今昔写真集 武佐

RSS(別ウィンドウで開きます) 

  外回り

2017-11-12
  外の壁がやつと終わりました。足場も外れ見やすくなりました。これから看板の設置などがありますし舗装工事をします。これからは内装の工事が主になります。こまごましたものが多いので時間がかかると思われます。階段の取り付けを見ていましたがすごく細々と作業があり階段脇の壁なども斜めだったり大変そうです。

   外回りも進んできました

2017-11-06
 工事もここまでくると目に見えて進行しているのかわからなくなります。外壁はもう少しで終わりそうです。内の方はなんとなく進んでいるという感じです。真ん中の写真は下の天井で配線のたばが二階の床下に入れられます。右端は応接室隣は休憩室が出来ます。

  少し形になってきました

2017-10-31
 やっと外壁のトタンが少しずつはられてきました。真ん中の写真はコミュニティルームです。まだどのように扱うか決まっていませんが読者のみな様にご利用いただけるよう目下考案中です。右の写真は事務所内の事務機器の配線のボックスです。
この壁の色は茶色の濃い色です。12月中旬にはここで営業出来るよう施工する会社の皆さん頑張っています。

  武佐店

2017-10-21
 工事の進捗状況ですがここにきてなかなか変わりばえがしません。外壁をはる前の細かい作業をしているためです。来週は壁もそれなりに出来あがると思います。そうすると少し家らしくなってきます。今は中の床を作っています。床を作りながら別の業者が入り電話やパソコンの配線などの作業があるそうです。勿論暖房も有りそぜぞれの業者さんが入れ変わり来ているようです。家を建てるのも大変ですね。この次はもっと変わっていると思います。

   武佐店建築中

2017-10-16
 まだ外側の工事中ですが少しずつ出来上がって来ました。屋根と窓がついたら外壁、それから中の工作に入ると思います。中の仕事になると天気の心配も無くなります。新店舗の場所は武佐3丁目のバス停がそばにあり向かい側には甘秀堂さんというお菓子屋さん写真右端が有ります。どうか武佐地区の皆さまこれからも宜しくお願いします。

大楽毛

大楽毛物語

NO.1

(2014-02-18 ・ 390KB)

大楽毛物語

NO.2

(2014-02-18 ・ 392KB)

大楽毛物語

NO.3

(2014-02-18 ・ 397KB)

大楽毛物語

NO.4

(2014-02-18 ・ 399KB)

大楽毛物語

NO.5

(2014-02-18 ・ 417KB)

大楽毛物語

NO.7

(2014-06-06 ・ 432KB)

大楽毛物語

NO.9

(2014-08-04 ・ 431KB)

大楽毛物語

NO.8

(2014-07-04 ・ 435KB)

大楽毛物語

NO.6

(2014-05-02 ・ 434KB)

大楽毛物語

NO.10

(2014-09-03 ・ 459KB)

武佐

有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
2
7
8
6
8
TOPへ戻る