本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

地域ネタ

今昔写真集 大楽毛

RSS(別ウィンドウで開きます) 

店舗

2015-03-10
 2代目の店舗です。この店舗もやはり敷地が狭く2階が事務所で下が作業をする場所でした。新しい店舗を造る時は形を見ただけで何屋さんかわかる看板にしたいという夢がありました。でも看板ですから文句も必要です。さて、色々と考えましたが新鮮な言葉が出てきません。新しい感覚でなければだめだとの結論になり思い切って配達少年の若い力を借りる事にしました。何人かに趣旨を説明し文句と絵を考えてもらったところ、さすが彼らは柔軟な頭脳でした。集まったものはほとんど宇宙をテーマにしたものでした。それを参考にして作った看板です。右側の写真は絵の差し替えが出来るようにしたもので緊急時のお知らせもできるようにしました。また、この店舗の一番の思い出は猛吹雪で朝刊の配達に出られなかった事です。車も店の前から全然動けず配達を始めたのが9時ころで夕刊がくる少し前に朝刊配達終了ということが有りました。

店舗

2015-03-01
 初代店舗前です。当時は雪も多く除雪体制も整ってなかったので
新聞配達にも大変苦労しました。この時の配達員は少年が主体で
でした。何せ彼らは元気が良すぎて綺麗なガラスのドアーに飛び
込んで行ったり自転車に乗っても曲芸師みたいな感じで交通事故
には絶えず心配をしてました。大雪の時でもあまり苦にせず変に
張り切って配達に出て行くし頼もしい反面逆に心配しました。通
常なら配達が終わってる時刻なのに戻ってこないので心配で探し
にいったことも度々有りました。写真は降雪中に夕刊配達に向か
う配達少年と店舗前の除雪をしているところです。この頃の大楽
毛は発展途上中でお店も沢山あり、スーパー、靴やさん、電気屋
さん、焼肉店、お寿司屋さん、自転車店、食堂、薬局さん一般商
店など賑やかに営業をしていました。

店舗

2015-02-19
当店の歴史の中で店舗は3度建て替えました。写真は昭和
42年初代の店舗の前の仮店舗です。なぜ仮店舗かというと
自宅が新築された時に私の仕事場は忘れられていたのです。
仕方なく兄が経営してた写真店暗室の建屋が空いたので自分
で改築し玄関や小窓をつけたり何とか仕事が出来る環境にし
ましたが室内は暗くて日中でも電気を灯さないと仕事が出来
ません。また夏でもストーブこそつけませんが寒かったです。
 
 

解体された旅館

2015-02-08

昭和38年馬市の時だけのための丹葉旅館も廃業しましたが実は良く考えてみたら

いろいろな歴史がありました。戦時中は軍に徴用され熊部隊の将校宿舎となってい

ました。私は4歳位だったと思いますが薄らと記憶があります。また、戦後は釧路

空港の整地をする人たちや本州製紙の建設前の測量する人の宿舎としても利用され

大楽毛の発展の為の前線基地でもあり貢献していた旅館だったのです。

さて昭和42年に区画整理など緒事情で家を解体、新築するため新聞の仕事は車庫

ですることになりました。家族は近くの家に引越し私だけは車庫の中に寝る場所も

作り寝泊りしていましたが流石に雨漏りは絶えず心配でした。友達に手伝ってもら

い手作り店舗です。いま考えるとよく素人2人で造り上げたものです。

 昭和42年の物価ですが蕎麦の、もり、かけは60円入浴料32円の時代でした。

札幌オリンピック

2015-01-27
昭和47年2月3日第11回冬季オリンピック札幌大会が開催されました。聖火リレーも
道内各地を分かれて回り1月には大楽毛駅前を聖火をかざし走り抜けました。札幌オリン
ピックのスキージャンプ70メートル級で日本の3選手、笠谷(金)金野(銀)青地(銅)
が表彰台を独占しました。 このときマスコミは日の丸飛行隊と、もてはやしました。他に
アメリカのフィギュア選手ジャネット・リンが転倒しながらも銅メダルを獲得しました。
演技で失敗したにもかかわらず最後まで笑顔をたやさず「銀盤の妖精」といわれ日本で大
人気になりました。さてオリンピック以外でも日中国交正常化で上野動物園に中国からきた
パンダ2頭を初公開、厚岸大橋の完成(海上の橋は日本で初)田中角栄首相の日本列島改造
論、旭川平和通りに全国初の買い物公園オープン、グアム島で元日本兵の横井さんを保護、
また札幌市が政令指定都市になったのもこの年です。ちなみにこの年の新聞代は1100円
でした。
 

今昔写真集 武佐

RSS(別ウィンドウで開きます) 

  武佐店で本格的に

2017-12-31
 左端の写真は武佐店の作業場で、中の写真が二階の事務所です。右端は折込チラシを丁合する機械で業界では折込機と呼んでいます。移転も年末に近かったので忙しくしていました。今年は年末が穏やかな天気で助かります。まもなく迎える新しい年が皆さま方にとって良い年になるようお祈りしています。

   武佐店営業を開始しました

2017-12-19
 ようやく12月10日武佐店に引越ししました。写真は日中と夜景です。11日から営業をはじめましたのでどうか宜しくお願い致します。まだ店内の配置もきまらず苦戦していますが皆様方にご不便やご迷惑をかけないようにスタッフ一同頑張ています。

   武佐の喫茶店 ノスタルジィ

2017-12-14
 武佐に新しく開店したと聞いていた「珈琲館ぐるめ堂ノスタルジィ」に行ってきました。写真は左からメニュー表、隣がレトロなスピーカで下の箱も別のスピカーボックスです。最後は私の頼んだスパゲティです。店内はとても落ち着いた雰囲気でレトロ感の漂うおしゃれなお店ででした。お若い経営者の方のようですが笑顔を絶やさずとても感じのよい人でした。また他に店内に小物というか雑貨?なのか売っていました。

   武佐店が完成しました

2017-12-02
 ようやく武佐店の新築も完成しました。外は看板を上げるだけです。事務室に机やパソコン、コピー機、電話の設置がこれからの作業になります。写真ですが左がバス停のそばだと解るようにしました。なかの写真は二階の事務室です。右の写真はお客様がいらしたら二階から降りて来たときのカウンターです。カウンターの前に見える土間は新聞やチラシの仕事をする作業場です。予定通り12月11日よりこの新店舗で営業いたしますのでどうか宜しくお願いします。

完成が近ずいてきました。

2017-11-25
 いよいよ舗装工事にかかりました。中は従業員の休憩室、コミニュテイル-ムなども内装工事にかかるところまできました。どうやら大工さんの仕事はおおむね終わりました。後は壁紙や流しやコンロ、照明器具の設置などいろいろと有ります。一番最後が電話とパソコンの設置になります。

大楽毛

大楽毛物語

NO.1

(2014-02-18 ・ 390KB)

大楽毛物語

NO.2

(2014-02-18 ・ 392KB)

大楽毛物語

NO.3

(2014-02-18 ・ 397KB)

大楽毛物語

NO.4

(2014-02-18 ・ 399KB)

大楽毛物語

NO.5

(2014-02-18 ・ 417KB)

大楽毛物語

NO.7

(2014-06-06 ・ 432KB)

大楽毛物語

NO.9

(2014-08-04 ・ 431KB)

大楽毛物語

NO.8

(2014-07-04 ・ 435KB)

大楽毛物語

NO.6

(2014-05-02 ・ 434KB)

大楽毛物語

NO.10

(2014-09-03 ・ 459KB)

武佐

有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
3
5
3
4
2
TOPへ戻る