本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

地域ネタ

今昔写真集 大楽毛

RSS(別ウィンドウで開きます) 

衣料品 せきや

2014-10-05
せきや衣料品店は昭和39年に国道に近いところに店舗を
移しました。店舗は今までの店の3倍位広くなり忙しくな
ってきました。この頃には近隣の街からも沢山のお客さん
が訪れるようになり、せわしい毎日ででした。…。
1歳だったお嬢ちゃんもすくすく育ち小学校1年生になっ
ていました。この年は東京オリンピックが開催されたのと
NHK札幌管内でカラーテレビの放送が始まりました。また
人気者、坂本九ちゃんの「幸せなら手をたたこう」の歌が
大ヒットしたのもこの年でした。

衣料品 せきや

2014-09-22
 
写真は 大楽毛で最初の衣料品専門店の「せきや」さんのお店です。
大楽毛にはなかった衣の文化を持ち込んだお店で昭和33年に3人
目のお嬢ちゃんが満1歳になるときにお店を開店したそうです。間
もなく釧路空港の工事も始まりせきや衣料品店は大楽毛では、なく
てはならないお店となってました。尚、この年の8月に青函トンネ
ルの海底ボーリングが始まった年です。

電波管理局

2014-09-09
私が小学校3年生の頃に日本で7~8番目の?北海道電波管理局
第二監視部が大楽毛にやってきました。場所は現在の王子製紙南
門(先日閉鎖)の少し星が浦よりに電波の官舎が32戸有りました。
写真の監視所は今の大松運輸さんの手前あたりに有りさらに奥に
方探所が有りました。世界は東西冷戦中で違法電波の取り締まり
は勿論ですが東側陣営の電波の傍受が目的だったのではないかと
思われます。ある日不審電波が出てたのか私の家にもいきなり3
~4人で各部屋まで大きなトランクを持ち電波の発信元を調べに
?きたことが有りそのうち何事もなかったかのように出て行きま
した。多分電波法では家宅捜査権があったのでしょうね。それに
してもびっくりした記憶が有ります。
 
 
 

消防分団庁舎

2014-08-30
大楽毛で最初の消防分団の庁舎です。分団の名称になる前は特設部
といいました。
昭和38年に釧路市消防団第12分団に昇格しました。
右側のトビラを開けると消防車が入っていましたが、車庫の幅が
狭くて車を入れるにもギリギリで運転手さんの技術は神業でした。
最初の消防車は外車でフォードの中古車だったと記憶してます。
また昭和29年9月26日の洞爺丸台風(台風15号)の時に
この建物の小さな屋根が飛ばされました。
因みにこの年にゴジラの映画が封切りされました。

駅前

2014-08-05
釧路市出身の歌手バーブ佐竹が大楽毛駅前に来た時の写真です。何故?大楽毛かといえばバー
ブさんが歌っていたホーホラホイ節のもと歌を伝えたのは大楽毛在住の中村敏衛さんです。中
村さんは若い時に江差で船頭をしていました。当時NHKTVの人気番組ふるさとの歌祭りで宮田
輝アナウンサーから何度も出演依頼を受けていましたが中村さんどうしてもいやだとことわり続
けていましたが(理由はいつも寝てる時刻だから)とうとう中村さんも断りきれず出演する事に
なり、その時、漁師時代に歌っていた歌、ホーホラホイ節をこの番組で歌って聞かせました。そ
の後、バーブさんはこの曲を持ち歌として歌うようになりました。他に釧路の民謡協会の方々に
より歌い継がれています。バーブさんは公演の前にわざわざ故中村さんの霊前にお参りに来たの
です。右の写真は中村さんの長男宅を訪れお参りしてるバーブさんです。(真ん中がバーブさん
です。)

今昔写真集 武佐

RSS(別ウィンドウで開きます) 

    武佐店が新しい店舗に

2017-10-07
 5年前10月1日より突然武佐地区の販売店を営業することになり土地や家を探しましたがなかなか見つからず現在お借りしている場所て営業を始めました。土地感もなく販売エリアも良くわかない中で手探り状態でスタートでした。開店初日は予想もできない大雨で通常より1時間位遅れて配達をはじめました。当時、前販売所から引き続き配達をしてくれた配達員さんに助けられました。今でも10月1日になると武佐のお店での大雨の事が忘れられません。

  武佐店マルシェ

2015-09-20
 長期予報で晴れの予報が台風17号の影響を受けて武佐店のマルシェは雨の中での開催となりました。今年も「いこい」さんのご厚意で施設の前の駐車場で合同の開催ができました。当店のマルシェ担当のスタッフが何度も本別の農場まで足を運び揃えた野菜ですがこの雨で相当残りそうだと心配していましたが武佐のお客様が沢山訪れて下さりほぼ完売出来ました。ただ一つ残念だったのは子供さんが楽しめるよう遊び道具を当店のスタッフが仕事の合間につくって用意していましたが雨のためなのか子供さんの来場が少なく残念でした。来年は良い天気になるといいですね。

おたっピー芸術祭

2015-04-17
毎年、大楽毛地区で開催してきましたが、今年から武佐地区でも開催ができました。
昨年の11月頃から打ち合わせを始めて、参加年齢も幅広いこともありましたので、
学年に合った作品テーマを決めるのがとても苦労しました。また、武佐地区での開催
は初めてでしたので、保育園、小学校に参加して頂けるか不安でしたが、参加して頂
くことができましたので「ホッ」としました。また、作品を展示する場所の確保をす
るのに悩みましたが、小学生の作品、湖畔小学校、一般参加作品、園児作品、デイサー
ビス「いこい」さんの協力で展示することができました。今年は両店合わせて479作
品が集まりました。
 

おたっピーママの会

2015-04-18
 平成26年7月8日武佐店にて初めての「ママの会」を開催しました。5組の方から申し込みがあり、カフェをイメージしたママのいこいの場所を作りました。お子さんも目の届く範囲で保育士さん二人と当店の子育て経験ありの女性スタッフも参加しました。
 安心してくつろいでおしゃべりしていただけるようにとお子さんたちに危険なものが無いか注意をはらいました。お子さんたちとママさんたちの笑顔を見てとてもうれしい気持ちになりました。
 第2回目は、ディサービスいこいさんをお借りして11月8日に開催しました。
保育士さんの持参してくださったたくさんのおもちゃや体を使って汗だくになってお子さんたちは、遊んでいました。ママたちも、情報交換をしながらおしゃべりされていました。とても、日差しの暖かい良い場所でみなさん喜んで下さりスタッフもほっこりした一日でした。
 
今年も5月に大楽毛店で、6月に武佐店で開催予定です。
その後も2回予定しております。
 
 
 

2014秋のマルシェとこども祭り&いこい祭り

2015-04-14
 平成26年武佐店で開催したマルシェの写真です。開店前から沢山の方が来て下さいました。
チラシを見て来店された方々が、生で食べられるごぼうに列を作って下さり、すぐに完売しました!
「一度購入して家で食べたら美味しいからまた並びにきたの。」とおっしゃっていた方もいらしたほど人気でした。
 お天気も良くて、野菜を購入した後は、ディサービスいこいさん出店の屋台でお買い物をされていました。こちらも美味しそうな香りが売り場にまで届いていました。
 そして、北海道新聞のキャラクターぶんちゃんも来てくれてお子さんたちとの撮影会も開催して好評のうちに終了しました。
 

大楽毛

大楽毛物語

NO.1

(2014-02-18 ・ 390KB)

大楽毛物語

NO.2

(2014-02-18 ・ 392KB)

大楽毛物語

NO.3

(2014-02-18 ・ 397KB)

大楽毛物語

NO.4

(2014-02-18 ・ 399KB)

大楽毛物語

NO.5

(2014-02-18 ・ 417KB)

大楽毛物語

NO.7

(2014-06-06 ・ 432KB)

大楽毛物語

NO.9

(2014-08-04 ・ 431KB)

大楽毛物語

NO.8

(2014-07-04 ・ 435KB)

大楽毛物語

NO.6

(2014-05-02 ・ 434KB)

大楽毛物語

NO.10

(2014-09-03 ・ 459KB)

武佐

有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
2
6
8
9
8
TOPへ戻る