本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

何でも写真集〔保存版〕

RSS(別ウィンドウで開きます) 

   東京の空は機嫌が悪かった

2015-07-26
 平成24年に東京に行った時はじめて船で隅田川の川くだり羽田方面に向かっていた時に少し前まで左の写真のように快晴だった空が見るまに右の写真のようにまっ黒な雲が船を追いかけるようにむかってきました。船から下りたとたんに豪雨に襲われビックリした事を思い出しました。いま、考えてみたら夕立だったのだと思います。その前に草津温泉からバスで軽井沢駅にきましたが下車したとたん雷が鳴り始め今度は大粒のヒョウにみまわれ駅舎に逃げ込みました。新幹線に乗り東京までは快晴でした。

  釧路大漁どんぱく魚祭り

2015-07-19
 サンマだけではないよ。新鮮なサケを豪快に販売している写真です。マグロを解体し販売するブースも有りました。他に水産加工場も沢山参加していて普段あまり目にしない商品なども売っています。会場の外では炭火のコーナがあり自分で買ってきた牡蠣や魚を焼いて食べています。聞いてみたら朝の5時半頃から友達や家族で思い思いに楽しんでいるとの事でした。外にもいろいろと売店が並んでいました。また岸壁に巡視船が停泊していて船内の見学もできました。

   花嫁タクシー

2015-07-12
 平成17年名古屋の方に行ってきました。愛知県というと戦国時代に日本を統一した織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公を輩出した地で有名ですね。また、この近辺には岐阜の斉藤道三公、静岡には今川義元公らの戦国の有名な大名がひしめきあっていました。さらにもう1つ名古屋では今でも嫁入りのときの風習でトラックに嫁入り道具を積んで街中を披露して回る事でも有名です。今回たまたまお嫁さんが乗車するタクシーの写真を撮ることが出来ましたので見て下さい。写真を拡大してもらうと説明無しでわかります。また名古屋と云えばトヨタ自動車です。街中すべてトヨタ車が走っていると思っていましたが各メーカーの車も沢山走っていました。トヨタ自動車の誕生の地、そして地元愛の強い街と思っていたもので車はトヨタと勝手に思い込んでいました。

 釧路の夕日は素晴らしい

2015-07-05
 友人がアイパットで撮影したものを送ってきました。昔から釧路の夕日は美しく世界の三大夕日といわれていました。昭和40年代は観光客や写真愛好家が幣舞橋から夕日を撮影している光景がよく見られたものです。釧路の飲食店や喫茶店にも夕日をイメージした夕焼けとか,ずばり夕日と店名にしていたお店もありました。しかし世界の三大夕日といわれているのに釧路ではすぐ話題にならなくなり忘れられてしまいます。今年のはじめ頃また新聞に取り上げられましたが観光に役立てようとしないのか最近は話題にもなりません。自然界からの贈り物をっと、もっと生かしましょうよ…。

   凄いね大内宿

2015-06-28
 写真は開発に取り残されて残ったとも?いわれている江戸時代の大内宿です。私たちが訪れた日はあいにく雨が降っていましたがそれが逆に緑が映えとてもいい景色で昔を偲ばせられ何か旅人になった気持ちになりました。傘をさして山の上まできて下を見下ろしたとき旅人は宿場を眺めやっと着いたと思った事でしょうね。さて、この宿場で有名なのはお蕎麦です。箸の代わりに長ネギ一本で蕎麦を食べるそうです。大内宿は元小泉首相が訪れた事から脚光をあび多くの観光客が訪れるように?なったとも言われてますがそんなのは関係なく昔を忍ばせてくれる素晴らしい宿場です。これからも大事にしてほしいものと願っています。また三重県には宿場町ごと残っている関宿(せきじゅく)があるそうです。予約すると昔の旅籠にその頃のままの寝具で宿泊が出来るそうです。行きたいですね。
有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
2
5
9
5
9
TOPへ戻る