本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

何でも写真集〔保存版〕

RSS(別ウィンドウで開きます) 

 江戸東京博物館

2016-02-21
 相当前に一度訪ずれた事が有りますが当時と比べ展示物も比較にならないほど増えていました。まず左の写真は江戸時代、岡山県の津山藩が参勤交代に使われた乗り物、かご(複製)です。前後2人づつで担いでいたそうです。真ん中は江戸時代のお寿司屋さんの屋台と右は二八そばの屋台です。まずお寿司屋さんですが江戸前寿司と言われていますが江戸の前の海で取れた魚という事で江戸前となったと聞いた事が有ります。おそばも店舗を持てない人が二八蕎麦の屋台を担ぎ売っていた庶民の味だったようです。他に魚やさんが天秤棒を担ぎ売り切れるまで歩いたそうです。見学者が実際に担いでみる事ができます。私も挑戦して担いでみましたが持ち上げるのがやっとで歩くのは絶対無理だと思いました。江戸時代の魚屋さんは力持ちだったんですね。

  視線を変えて釧路川

2016-02-18
 長年住んでる釧路市ですが一年前から絵を描き始めました親友はいわば戦友といってもいいと思います。といつても本当の戦争では無く仕事での仲間でした。私が8年位前に引退しましたが彼も昨年後輩にトップの座を譲りやっと仕事から解放されました。その後市井の人となり自由に生きて行くことに喜びを感じていると思います。今は画材になりそうな写真を撮りまくっています。普通の人の撮らない角度からのものが多く新鮮さを感じさせてくれます。今回は彼の写真を借りて紹介ます。左の写真はMOOです。釧路川の上流から撮ったものです。右の写真は幣舞橋を無視したかのように下流からの写真です。あまり見かけないのでどこかわかりませんでした。

  長谷寺

2016-02-14
 竹林とアジサイを写してきました別名アジサイ寺と呼ばれているのは有名ですね。真ん中の写真は紫陽花ですが庭師の方が手入れをしていました。右の写真は竹林です。またお寺の横にある洞窟の中に仏様が祀られていて真っ暗なので仏様に燈っている何本かのローソクで明りで回りが見える感じです。中は狭いのと天井が低いので頭を下げて歩かなければならない所や人1人がやっと通れる狭い通路もあります。前にNHKのブラタモリの番組で鎌倉の歴史を取り上げていました。平坦な地が少ないので山側には洞窟を堀って上手に利用しているようです。

   雌阿寒

2016-02-10
 昨年レベル2に上がりその後また1になった雌阿寒岳と阿寒富士です。私の甥に写真を送ってもらいました。御嶽山の突然の爆発をテレビ中継で見ましたが頂上には沢山の登山者の姿が映しだされていました。残念な事に多くの犠牲者がでました。さらに箱根の大涌谷でも警戒レベルが3になり地元の人達も不安だったと思います。こちらもレベルが下がりホットされたと思います。昨年は鹿児島の桜島でも警戒レベルが4になり島民も避難していましたが小噴火ですみ被害も少なくまもなく島民は帰宅する事ができたようです。また阿蘇山も噴火しましたね。昔、阿寒湖が出来た頃の大噴火で釧路市新野まで噴石が飛んできました。石の大きさを見たら驚かれると思います。

  鶴岡八幡宮

2016-02-03
 この日はくしくも7月7日七夕さんでした。鶴岡八幡宮の境内にも七夕飾りがあり若いお嬢さん方の浴衣姿が目立ちました。境内には頼朝公のゆかりのものが展示されている場所も有ります(有料)。写真右側は源氏池で白い蓮の花が咲いています。他にも沢山の池が有り赤い花が咲いているのは平家池と呼ぶそうです。また境内敷地内に幼稚園もありちょうどお昼ごろお母さんが迎えにきて帰る子供や池のふちで幼児が鳩やアヒルと遊んでいる姿も見られました。それにしても鎌倉は行くところすべて階段が有り高齢者には疲れるところですね。ここでも外国人観光客が多かったのです。若い外国の方が一生懸命説明文を読んでる姿が印象的でした。日本を知ろうという気持ちが嬉しいものです。外国の方は日本の文化やおもてなしの精神に関心を持っているようですね。
有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
3
3
4
0
1
TOPへ戻る