本文へ移動
1、感謝の気持ち
2、目配り
3、気配り
 
今後も地域の皆様に、情報とちょっとした楽しみをお届けできるよう
従業員一同「まごころ」を込めて活動して行きます。
従業員のスタッフブログ
ほぼ毎日更新中!!
おたっピーグッズ 販売中→

地域ネタ

今昔写真集 大楽毛

RSS(別ウィンドウで開きます) 

昔の大楽毛小学校

2020-11-14
特別な工法で建てられた馬検場
 開校は昔壽小学校の大楽毛分校としてできたようです。今年で90周年と言われています。本州製紙が進出して一時マンモス校にもなりました。本州製紙から蒸気をもらい釧路で唯一の温水プールが出来ました。釧路では普通のプールもない時代でした。しかし大楽毛小学校が新校舎に建て替えたとき温水プールも消滅しました。私が小学校に入学時は終戦2年後だったと思います。先生は校長先生1名でした。
私の入学時は教室は2つだけで3学年が一緒でした。雪が降ると窓の隙間から雪が入ってきたのを思い出します。
見た感じでは簡単そうな建築のようですがプロの人の話しでは難しい建物のようです。

大楽毛駅裏から見た海岸線

2020-11-07
 海が近くになりました。
 昭和26年頃大楽毛で音がするものといえば波の音と汽車が来る時の音位でした。たまに海から汽笛がボーと聞こえてきました。釧路はやたらと霧がかかり夜でも霧笛が良くなっていました。昭和45年頃までこの地区に家はなくほとんどが牧草地で高山植物が沢山有りました。大楽毛地区の発展に伴いどんどん開けていき沢山の住宅が建ち始めました。最盛期には炭鉱離職者のために雇用促進アパートが6棟も出来上がりかなり人口が増えました。下の写真を見てほしいのですが今現在の海岸線です。昔はもっと奥にあった気がしますが砂浜が侵食されきて近くなったようです。昔はこの浜を近浜と呼び庶路の方にある浜を遠浜と呼んでいました。大楽毛の人家は今の4、5丁目付近に集中していました。後は種馬所(しゅばしょ)が15戸位今の「よつば乳業」のところにあっただけで駅から見て近い遠いを判断していたと思います。

 高知県で津波タワー

2020-10-31
さすがです人名救助が最優先。
 10月20日の道新朝刊で高知県の津波タワが写真つきで掲載されていました。いつ発生するかわからないのが災害です。釧路市では予算がないとか国の補助が決まらないとかいいながら前に進みません。記事によりますと県が積極的で自治体への補助を出して一生懸命です。道内でも別海町などはすでに出来上がっているところもあるようです。特に大楽毛地区は大きな津波がきたら全滅に近いと言われています。どこの街でもそうですが住民以外でもこの街を訪れ仕事をしたり職場があったりします。立派なものはいりませんがここに行くと助かるという場所を早く提供してほしいものです。高知県ではタワーの出来る前は死者数を36000人と推計していましたがタワーができてからは6900にまで減少したそうです。尚、高知県では2019年度まで113基を建設したそうです。また、本年度中にさらに4基増える見通しのようです。

防災訓練

2020-10-22
自分のために逃げよう
 9月15日大楽毛で防災訓練が催うされました。当日大楽毛小学校でも同時に行われNHKテレビで放映されていたのを見ました。生徒たちは机の下にもぐりその後避難道路を逃げ避難地に到着している姿を見てほっとしました。大楽毛の避難訓練は「よしの幼稚園」が全国的にも評価が高く有名です。このように立派なお手本がある釧路市ですが市民の意識や施行する方の意識は変わっていない気がします?。また最近は町内会に加入されていない方も増えているようですが緊急のお知らせがあった時にどのように連絡を取るのでしょうね?。
          駅前広場に集合 
        消防車での広報活動 

 先日投稿した看板素早い修理有難う

2020-10-10
一度に全部でなくても少しずつでも修理したら?
 階段のコンクリートがポロポロにかけてたり手すりの鉄が錆びて汚い感じですね。釧路市民も昔と比べると数段マナーも向上してきました。やはり周りが綺麗だとポイ捨てもしにくくなるのが人の感情なのでしょうね。ゴミ箱を設置するとたちまち家庭のごみでを捨てたりして満杯になるようです。今の時代自分で出したごみは持ち帰るのが常識のようですね。
早速危ないいところを切り取ってくれました。
欠けたコンクリーの上に足が行くと捻挫の可能性もあります。

今昔写真集 武佐

RSS(別ウィンドウで開きます) 

  外回り

2017-11-12
  外の壁がやつと終わりました。足場も外れ見やすくなりました。これから看板の設置などがありますし舗装工事をします。これからは内装の工事が主になります。こまごましたものが多いので時間がかかると思われます。階段の取り付けを見ていましたがすごく細々と作業があり階段脇の壁なども斜めだったり大変そうです。

   外回りも進んできました

2017-11-06
 工事もここまでくると目に見えて進行しているのかわからなくなります。外壁はもう少しで終わりそうです。内の方はなんとなく進んでいるという感じです。真ん中の写真は下の天井で配線のたばが二階の床下に入れられます。右端は応接室隣は休憩室が出来ます。

  少し形になってきました

2017-10-31
 やっと外壁のトタンが少しずつはられてきました。真ん中の写真はコミュニティルームです。まだどのように扱うか決まっていませんが読者のみな様にご利用いただけるよう目下考案中です。右の写真は事務所内の事務機器の配線のボックスです。
この壁の色は茶色の濃い色です。12月中旬にはここで営業出来るよう施工する会社の皆さん頑張っています。

  武佐店

2017-10-21
 工事の進捗状況ですがここにきてなかなか変わりばえがしません。外壁をはる前の細かい作業をしているためです。来週は壁もそれなりに出来あがると思います。そうすると少し家らしくなってきます。今は中の床を作っています。床を作りながら別の業者が入り電話やパソコンの配線などの作業があるそうです。勿論暖房も有りそぜぞれの業者さんが入れ変わり来ているようです。家を建てるのも大変ですね。この次はもっと変わっていると思います。

   武佐店建築中

2017-10-16
 まだ外側の工事中ですが少しずつ出来上がって来ました。屋根と窓がついたら外壁、それから中の工作に入ると思います。中の仕事になると天気の心配も無くなります。新店舗の場所は武佐3丁目のバス停がそばにあり向かい側には甘秀堂さんというお菓子屋さん写真右端が有ります。どうか武佐地区の皆さまこれからも宜しくお願いします。

大楽毛

大楽毛物語

NO.1

(2014-02-18 ・ 390KB)

大楽毛物語

NO.2

(2014-02-18 ・ 392KB)

大楽毛物語

NO.3

(2014-02-18 ・ 397KB)

大楽毛物語

NO.4

(2014-02-18 ・ 399KB)

大楽毛物語

NO.5

(2014-02-18 ・ 417KB)

大楽毛物語

NO.7

(2014-06-06 ・ 432KB)

大楽毛物語

NO.9

(2014-08-04 ・ 431KB)

大楽毛物語

NO.8

(2014-07-04 ・ 435KB)

大楽毛物語

NO.6

(2014-05-02 ・ 434KB)

大楽毛物語

NO.10

(2014-09-03 ・ 459KB)

武佐

有限会社丹葉新聞店
■大楽毛店 〒084-0917
北海道釧路市大楽毛4-4-1
TEL.0154-57-8228
■武佐店 〒085-0806
北海道釧路市武佐3-32-6
TEL.0154-46-3224
共通FAX.0154-57-5187
0
4
6
5
4
6
TOPへ戻る